2011/11/20

[felica]FALP受信でエラーが起きているようだが、よくわからん

まだまだやってるFALP受信。
何のためにやっているかというと、とりあえずは画像をPCに送りたいというだけ。
うちにはあまりいいデジタルカメラがなく、携帯電話のが一番いい。
それをパソコンに持っていこうとすると、microSDカードに入れて、アジャスタを噛ませてSD R/Wに入れて・・・という手順がいるので、めんどくさい。
USBケーブルを挿すって手もあるけど、せっかくFALPが使えるんならやりたいではないか。


こんな手順で受信を開始している。

  1. initialize_library()
  2. open_reader_writer_auto()
  3. transaction_lock()
  4. ウィンドウ作成
  5. Listen用メッセージ登録
  6. set_falp_target_callback_parameters()
  7. falp_listen()
  8. PeekMessage() & GetMessage()によるメッセージループ

エラーは発生していないのだが、P906iから送信しても携帯電話側でエラーだとみなされている。
ソフトの方は、特に動きがない。

 

falp_dump_log_to_file()でログが取れるのでやっているのだが、開始時にエラーが出る。
出るけど、動いているからまあいいだろう。
このログの見方がよくわからないのだ。

なんとなくこのログは、ライブラリのログと言うよりもドライバのログのような気がする。
ログは1行ごとに時間と種類があり、種類はこんな感じになってるんじゃないかと思う。

  • CALL : ドライバI/Fの呼び出し
  • RETURN : ドライバI/Fからの戻り値
  • FCMD : R/Wに送信したデータ
  • FRES : R/Wから受信したデータ
  • STATE : 状態
  • RWAIT : ? 受信待ち?
  • ERROR : エラー

P906iから送信すると、FRESに値が載ってくるので、何かしら受信はしているようだ。
受信すると、STATEが「Propose待ち状態」になり、RWAITする。
その後、2回受信して、ERRORになるのだ。
ERRORのあとは、STATEが終了になっている。

エラーの種類は書いてあるのだが「その他エラー(code=-204)」。
うーん、わからん。


推測するしかないのだが、受信してエラーとしているのだから、受信データに問題があるのだろう。
想定していないパケットが来た、とか。
アプリにまで通知していないところを見ると、FALPの受信シーケンスとして想定していないものが来た、ということだろうか。

でも、P906iだって製品になっている以上、FALPのCTS試験は通っているはず。
変なものを送信しているってのは考えにくい。

 

もう少し試そうとしたのだが、P906iの電池が切れてしまった。
そして、充電中はiC送信できないということを初めて知った・・・。

falp_listen()のままずっといると、WM_TIMECHANGEが発行された。
うーん。
うーーーーん。


こういう結論に至った。

  • 私は間違っていないか、根本的な考え違いをしている。
  • FALP受信のサンプルができるのを待とう。

わからんものは、わからんのだ。
あきらめよう。

 

やっていて思ったのだが、スマートフォンみたいに自分で対抗機を作ることができるものがないと、面白くない。
自由が全くないので、できることが本当に限られてしまうからだ。
そりゃ、想定していないと言われても仕方ないわなぁ。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。